高反発マットレスを使っていると夏は暑い?対策方法と選び方を紹介!

高反発マットレスの中でも、ウレタンフォーム素材のものだと夏は暑く感じやすいです。

一度購入するとしばらく買い替えられませんし、困ってしまいますよね。

ですが暑さを左右するのはマットレスだけではありません。物や環境を工夫すれば、涼しく乗り切ることができますよ。

今回は高反発マットレスを使っていて暑い場合の対策方法。

そしてこれから購入を検討する人のために、暑くないマットレスのポイントをご紹介しますね。

高反発マットレスを使うと暑い夏の対策:寝具に追加

今使っている高反発マットレスの上下に物を追加することで、涼しくなれる方法をご紹介します。

寝具にプラスして涼しくする方法
  1. マットレスの上に敷きパッドや冷感シーツをおく
  2. マットレスの下にすのこを敷く
  3. 布団やタオルケット、枕をひんやりタイプに

1.マットレスの上に敷きパッドや冷感シーツをおく

高反発マットレスの上に敷きパットを置いたり、冷感シーツを使ったりしましょう。

たとえばござや竹シーツなど天然素材を使ったものを置くと、風通しが良くなります。

麻、ポリエステルの敷きパットは丸洗いできて、清潔に使えますよ。

皮膚の熱を逃がしてくれる、ひんやりした感触の冷感シーツもあります。

体に触れる部分の表面温度が下がるため、快適です。

2.マットレスの下にすのこを敷く

日本の夏は湿気が多く蒸し暑いため、眠るときは温度だけでなく湿度を下げることも重要です。

ムレやすい高反発マットレスの下には、すのこや除湿シートを入れましょう。

湿度を下げることでカビ対策にもなりますね。

3.布団やタオルケット、枕をひんやりタイプに

布団やタオルケットを冷感タイプのものにしたり、氷枕を使ったりすると涼しくなります。

夏に使う布団やタオルケットは汗を吸いやすいので、洗濯機で丸洗いできるものが良いでしょう。

洗濯絵表示を見れば洗えるかどうかわかるので、チェックしてから購入てください。

氷枕を使う場合は、直接頭に当たらないようタオルなどでくるんで使いましょう。

氷枕だと冷たくなりすぎる場合には、そばがらや小豆、パイプなど風通しの良い枕がオススメです。

高反発マットレスを使うと暑い夏の対策:環境を変える

高反発マットレスを使っていて暑い場合、環境も整えてみましょう。

先ほどご紹介した寝具にプラスする方法だけでは効果が低め。

これから紹介するポイントを追加すれば、さらに暑さが和らぎます。

環境を変えて涼しくする方法
  1. 寝る1時間前に寝室を24〜25度設定のクーラーで冷やす
  2. エアコンで湿度を50〜60パーセントにする
  3. 壁に扇風機を当てる
  4. 壁・天井など外からベッドや布団を離す
  5. パジャマはコットンや麻にする

1.寝る1時間前に寝室を24〜25度設定のクーラーで冷やす

寝る1時間ほど前に、クーラーを入れて部屋を冷やしましょう。

設定温度は24〜25度と、低めに設定することがポイント。

こうすることで日中にあたたまっていた壁を冷やします。

そして眠る直前に、28度に温度をあげましょう。

24〜25度という涼しく快適な温度で入眠でき、寝ている間は28度なので体が冷えすぎる心配はありません。

2.エアコンで湿度を50〜60パーセントにする

空気中の湿度が高いと、温度が低くても暑く感じます。

湿度は50〜60パーセントが理想的。

夏はすぐに湿度が上がるので、エアコンで調整しておきましょう。

3.壁に扇風機を当てる

それでも暑い場合は、扇風機も併用しましょう。

体に直接当てると風邪を引く原因になるので、あえて壁に当てるのがポイント。

はね返ってくる弱い風で体は涼しく感じられますし、温まりがちな壁も冷やすことができます。

4.壁・天井など外からベッドや布団を離す

壁や天井など、外気が当たりやすいところは暑くなります。

2階建ての家なら1階の方が、壁から離したところにベッドや布団を置く方が涼しく眠れます。

動かせるのであれば、夏だけでも眠る場所を変えてみるのもオススメですよ。

5.パジャマはコットンや麻にする

パジャマの中には、汗から出る湿気がたまりやすく不快なものがあります。

湿度が上がると、体感温度が上がってしまいます。

特に化学繊維のパジャマはムレやすい傾向が。

オススメはコットンや麻のパジャマです。

汗を吸って外へ逃がすはたらきがあるため、眠りを妨げません。

暑くない高反発マットレスとはどんなもの?

高反発マットレスの中でも、素材がウレタンフォームのものは暑いです。

暑さが苦手な人は、次のような種類を購入するのがオススメです。

  • エア系
  • スプリングマットレス
  • ウレタンフォームに穴があいて通気性をよくしたもの

特にエア系は内部の風通しがよく、とても涼しいです。

ただし冬になると寒すぎる可能性もあるので注意が必要ですね。

スプリングマットレスは、エア系の次に通気性が良いです。

ウレタンフォームの感触が気に入っている人は、通気性をよくするために加工されたものを選びましょう。

エア系やスプリングマットレスに比べると風通しが悪いですが、いくらか快適になりますよ。

まとめ:高反発マットレスを使っても暑い夏は工夫すれば乗り切れる

高反発マットレスの中でも、ウレタンフォーム素材は暑くなりがち。

今すでに使っている高反発マットレスで暑く感じているなら、次のような工夫で暑い夏を乗り切りましょう。

高反発マットレスで涼しく眠る方法
  • 敷きパッドや冷感シーツ、すのこを使う。
  • まくら、冷感タイプの掛け布団を使う。
  • クーラーは1時間前に。除湿も行う。扇風機は壁に向けて使う。
  • 天井や壁からベッドや布団を離す。
  • パジャマをコットンや麻など天然素材にする。

これから暑くない高反発マットレスを買おうと考えているなら、エア系やスプリングマットレスの方が涼しく感じられるでしょう。

ウレタンフォームを使うなら、通気性が良くなるように加工されたものを選んでください。