高反発マットレスを廃棄する8つの方法!捨てるタイミングもご紹介!

高反発マットレスは粗大ゴミとして出すにもお金がかかります。

粗大ゴミとして出せない自治体もあるため、どうやって廃棄すべきかは悩みのタネです。

できれば無料で廃棄したいですし、欲を言えばちょっと収入があると嬉しいですよね。

実際、そんなことは可能なのでしょうか?

今回は粗大ゴミとして高反発マットレスを廃棄する以外の、8つの方法についてご説明します。

高反発マットレスを廃棄する8つの方法とは

高反発マットレスを廃棄するとき、最も簡単なのは市区町村の粗大ゴミとして捨てること。

しかしお住いの地域によっては、取り扱ってくれないこともありますよね。

そんなときは次の8つを検討してみましょう。

高反発マットレスを廃棄する8つの方法
  1. 小さく切って燃えるゴミ・燃えないゴミとして捨てる
  2. ゴミ処理センターへ持ち込む
  3. 不要品回収業者に依頼する
  4. リサイクルショップへ持ち込む
  5. ネットオークションやフリマアプリなどで売る
  6. 人に譲る
  7. 引越し業者にお願いする(引越しで廃棄する場合)
  8. 新しいマットレスの購入店に依頼する(買い替える場合)

1.小さく切って燃えるゴミ・燃えないゴミとして捨てる

ウレタンフォームなどカッターが通りやすいマットレスなら、小さく刻めば燃えるゴミや燃えないゴミに入れて捨てられます。

ハサミでは切りづらいため大きめのカッターや包丁を使いましょう。

かなり時間がかかりますしゴミ袋もたくさん必要ですが、無料で捨てられるのがメリットです。

ただし、市区町村によってはウレタンフォームの捨て方に指示がある場合も。ゴミの分別方法を確認してから行いましょう。

2.ゴミ処理センターへ持ち込む

車にマットレスを積み込んで、市区町村のゴミ処理センターへ持ち込むこともできます。

粗大ゴミの日を待つ必要がありませんし、料金も低く抑えられます。

ただし平日しか開いておらず、さらに自力で車へ積む必要があります。

スプリングマットレスなど重量のあるものを廃棄する場合、一人だと辛いかもしれません。

3.不要品回収業者に依頼する

電話などで不要品回収業者に依頼し、引き取ってもらうこともできます。家まで来てくれるので、手間がかかりません。

ただし市区町村での廃棄に比べると、支払う額がかなり高額になります。

中には悪質な業者もいて、不法投棄されたり相場の何倍もする料金をふっかけられたりする可能性も。

ブランド物で新品のように美しい場合を除いて、基本的に無料では引き取ってもらえません。

「無料で回収」をあからさまに打ち出しているところや、見積もりで具体的な金額を教えてくれない業者には注意が必要です。

4.リサイクルショップへ持ち込む

ブランド物で、新品のようにキレイな高反発マットレスなら、リサイクルショップで売れます。

ただし買ってから年数が経っていたり、状態が悪いと逆にお金を取られることもあります。

状態をチェックしてから持ち込みましょう。

5.ネットオークションやフリマアプリなどで売る

ネットを経由して販売することもできます。

うまくいけば高値がつく可能性も。ただし売買が決定するまでに時間がかかります。

売買が決定した後に、マットレスが実際に郵送できるサイズかどうかも事前に確認する方が良いでしょう。

郵送代だけでもかなりかかる場合があります。

6.人に譲る

状態がキレイなら、友達やアプリ上で人に譲ってしまうこともできます。

受け渡しをどうするのか、お互いにすり合わせる必要があります。

7.引越し業者にお願いする(引越しで廃棄する場合)

引っ越しのタイミングで高反発マットレスを廃棄するなら、引っ越し業者にお願いするという方法も。

ただし業者やエリアによっては引き取ってもらえないこともあります。

契約する前に、引き取ってくれるかどうか確認すると良いでしょう。

8.新しいマットレスの購入店に依頼する(買い替える場合)

新しいマットレスに買い換えるため廃棄するなら、購入店に引き取ってもらうこともできます。

料金がかかることも多いですが、搬出作業から次のマットレス搬入まで全て行ってもらえます。

新しいマットレスが来るタイミングと、廃棄するタイミングを同時にできるのがメリットですね。

番外編:購入から廃棄までおこなってくれるマットレスもある

マットレスによっては購入すると、廃棄まで全て行ってくれるものも。

サービスの取り扱いはごく一部ですが、初めからそういった特典付きのマットレスを購入するのもいいかもしれません。

高反発マットレスはどのタイミングで廃棄するべき?

高反発マットレスはそれなりに値段もするもの。そう簡単には廃棄できませんよね。

しかしどんなマットレスも、一回買えば一生使えるわけではありません。

外側はキレイに見えても、内部の劣化が進んでいます。

廃棄するタイミングについては、次のポイントを確認しましょう。

廃棄するべき高反発マットレスの特徴
  • お尻の辺りがへたって凹んでいる
  • 寝心地に違和感がある
  • (スプリングマットレスのみ)バネが体に当たる
  • きしみ音がする
  • 買った時より寝つきが悪い
  • 目覚めると肩や腰に不快感がある
  • 10年以上使っている

当てはまる項目が多いほど劣化が進んでいます。どれも眠りの質を下げるので、思い当たる点がたくさんあるなら廃棄を検討しましょう。

まとめ:高反発マットレスの廃棄方法は一長一短!自分に合ったものを選んで

高反発マットレスを廃棄する方法には、お金を払うものから売るものまでさまざま。

しかし基本的に、お金を払って廃棄する場合は比較的手間がかかりません。

逆に売ってお金にしようと思うと、その分時間や手間がかかります。重さや送料などを考えると、お金を払って廃棄する方が良い可能性も。

無理なくできる廃棄方法を選んでくださいね。