タンスのゲンの高反発マットレスの特徴・評判&ランキング!

タンスのゲンといえば安くて品質の良い家具や寝具を提供しているメーカーとして知られています。

今回はその中でも高反発マットレスに注目し、タンスのゲンではどのような特徴を持ったマットレスを販売しているのか、評価やランキングについてもみていきましょう。

枕男子

特徴を知っていくことで自分に合ったマットレスを選べるようになるよ!

どんなマットレスがいいの?現役ベテラン整体師が教える腰痛の方のマットレスの選び方!

渡辺 孝行先生

1日の1/3を過ごすマットレスだからこそ自分にあったものを選びたいですよね。
体格も体重も、寝る姿勢も人それぞれ、ではどの様に選べば良いでしょうか?

2つの選ぶポイント!

寝返りが打ちやすい 同じ姿勢で寝ていると体が緊張したり、こわばったりします。最近では「寝返り」を打つことが腰痛に良いというドクターもいらっしゃいます。

「寝返り」にはストレッチ効果があり体に良いことなのです。

マットレスを選ぶときは実際に寝れるか、返品できてお試しできるマットレスを選び、寝返りのうちやすさを試して見ましょう。

体圧分散されている 最近マットレスはコイル式やウレタン式など様々なタイプのものが発売されています。気をつけていただきたいのが、体圧分散されているかというところです。

一点に圧力がかかると姿勢に影響を与え腰に負担をかけてしまいます。

これも実際に試せる店舗などで確認してから購入する様にしましょう。

渡辺 孝行先生

この2点を気をつけてご自分にあったマットレスかどうか見極めてみてください。

タンスのゲンの高反発マットレスの特徴!

タンスのゲンの高反発マットレスの特徴として、「値段が安い割に機能性が良く長持ちする」という点が挙げられます。

マットレスを探している人にとっては値段というのはネックになってくる部分であり、高品質なものを選ぼうとなるとどうしても高くついてしまうのは仕方がありません。

ですが、タンスのゲンはお買い求めやすい値段でありながら機能性が良く耐久性も良いというサービス展開をしているので、高反発マットレスの購入を検討している人にはおすすめできるものとなっています。

タンスのゲンの特徴
  • お手頃な価格で購入することができる
  • 芯材フォームの密度が高い
  • 優れた体圧分散で身体をサポート
  • 耐久性が良い
  • お子様にも安心の低ホルムアルデヒド

お子様にも安心して使えるように低ホルムアルデヒドの仕様になっているのも嬉しい特徴の一つです。

高反発マットレスは大人だけではなく子どもの眠りをサポートするものでもあるため、身体に悪影響が出ないように配慮するのも良い製品の証拠といえます。

タンスのゲンの高反発マットレスおすすめ人気ランキング!

タンスのゲン 高反発マットレス と調べるとわかりますが、多くの種類のマットレスが出てきてしまうため、どれがいいのかさっぱりわからないという人も多いでしょう。

そこで、今回マットレスの人気と機能性から判断してタンスのゲンの高反発マットレスおすすめランキングを作りましたので参考にしてみてください。

高反発マットレス 極厚10cm

高反発マットレス 極厚10cm
ポイント
  1. 厚さ10㎝のボリューム
  2. 30Dの密度で底づき感がしない
  3. しっかりとした硬さで体圧を分散
  4. L字ファスナーカバーで取り外しやすく洗いやすい
CHECK
厚さ10㎝でありながらしっかりとした密度を保っているため底づき感がなく、体圧も分散されるため機能面においてかなりおすすめできるマットレスが高反発マットレス 極厚10cmです。

付属のカバーも肌触りの良いパイル生地を採用しており、L字型ファスナーで取り外し便利となっているため非常に使いやすいマットレスともいえます。

高反発マットレス 極厚10cmの評価
硬さ
(5.0)
厚さ
(3.5)
体圧分散
(4.0)
安全性
(4.5)
総合評価
(4.0)

低反発&高反発 究極マットレス 厚さ17cm 超低ホル

低反発&高反発 究極マットレス 厚さ17cm 超低ホル
ポイント
  1. 低反発5㎝&高反発12㎝の厚み
  2. 身体をほどよく包みながら体圧の分散をサポート
  3. 超低ホルムアルデヒドお子様にも安心
  4. シンカーパイル生地で肌触りが良い
CHECK
低反発と高反発を混合させた画期的なマットレスで、上層の低反発が身体をしっかりと包み込み、下層の高反発が沈み込みすぎることを防いで体圧分散をサポートします。

通気性が悪いという点を除いても高反発マットレスと低反発マットレスのメリットをそれぞれ活かしているので評価が高いマットレスの一つといえます。

低反発&高反発 究極マットレス 厚さ17cm 超低ホルの評価
硬さ
(3.5)
厚さ
(4.5)
体圧分散
(4.5)
安全性
(4.5)
総合評価
(4.0)

男の高反発Z 極厚10cm

男の高反発Z 極厚10cm
ポイント
  1. 消臭効果が高い竹炭を使用
  2. 厚さ10㎝の適度なボリューム
  3. 男性のために硬めに仕上げている
  4. 反発力が高く自然な寝返りがうてる
CHECK
男性が寝るために考えて作られた高反発マットレスで、特に汗をかきやすい男性のために消臭効果が期待できる竹炭をマットレスに練り込んでいるのが特徴です。

男性のほうが体重が重いため、不必要に沈み込まないよう一般的なマットレスより硬めにできているのも特徴といえます。

男の高反発Z 極厚10cmの評価
硬さ
(5.0)
厚さ
(3.5)
体圧分散
(4.0)
安全性
(4.5)
総合評価
(4.0)

タンスのゲンの高反発マットレスの3つ折りタイプのおすすめは?

畳や和室、または床に直接マットレスを敷いているという方の中には就寝しないとき以外には折りたたんで収納をしているということも多いのではないでしょうか。

そうすると収納に便利である3つ折りタイプの高反発マットレスがおすすめで、その中でもどれを選べばいいか悩んでいるかたも少なくありません。

タンスのゲンでも3つ折りタイプの高反発マットレスは販売されており、その中でもおすすめは「三つ折り 高反発マットレス シングル 10cm」です。

今回ランキング1位で紹介したマットレスがそのまま三つ折りタイプになったと考えると楽に想像できるかもしれませんね。

側生地もシンカーパイルを採用しているため肌触りも良く、厚みも10㎝なので底づき感がなく使いやすいマットレスです。

重量も5.83kgなので女性でも持ち運びしやすく機能面でも問題なく収納しやすいマットレスと言えるでしょう。

三つ折り 高反発マットレス シングル 10cm

タンスのゲンの高反発マットレスのシングルタイプのおすすめは?

タンスのゲンでシングルタイプのおすすめはどれか知りたいという方も多いですが、シングルタイプであれば「高反発マットレス 極厚10cm」で十分眠りの質の向上に期待することができます。

三つ折り 高反発マットレス シングル 10cm

ただし、10㎝よりも厚みがあるマットレスが良いという方であれば、「高反発マットレス 極厚17㎝」と呼ばれる厚さ17㎝のボリュームの高反発マットレスもあるのでそちらがおすすめです。

高反発マットレス 極厚17㎝

枕男子

厚みがあればあるほど機能性が充実というわけではなく、あくまで自分が寝やすいかどうか考えて判断すると良いよ!

タンスのゲンの高反発マットレスのセミダブルタイプのおすすめは?

シングルタイプでは狭いという方やどうせ寝るのであれば広々と使いたいという方はセミダブルタイプでおすすめの高反発マットレスをお探しかと思います。

タンスのゲンで販売されている高反発マットレスはほぼセミダブルタイプのマットレスがありますが、使う人のことを考えた場合は「高反発マットレス 極厚17cm」がおすすめです。

高反発マットレス 極厚17㎝

セミダブルタイプを使用する場合は自分の身体が大きく体重もある方の場合が多いため、沈み込みがどうしても大きくなってしまうことがあります。

そうすると、厚さ10㎝のものでは底づき感を感じてしまう場合があるため、なるべく厚めの高反発マットレスを選ぶ方が良いでしょう。

タンスのゲンの高反発マットレスのダブルタイプのおすすめは?

ダブルタイプを使用するとなるとパートナーや子どもと一緒に寝ている方も多く、その分安いマットレスを使用していると消耗が早くなってしまいます。

機能性も良く耐久性があるのがウリなのでタンスのゲンの高反発マットレスはダブルタイプのマットレスを探している方にはおすすめと言えますが、中でも「低反発&高反発 究極マットレス 厚さ17cm 超低ホル」が良いでしょう。

おすすめの理由
  • 低反発と高反発のメリットをうまく活かせている
  • 厚さ17㎝なので底づき感なくしっかりと身体をサポート
  • 超低ホルムアルデヒドなので子どもにも安心

以上の理由からダブルタイプの高反発マットレスを使用する人にとってメリットが多い低反発&高反発 究極マットレス 厚さ17cm 超低ホルがおすすめといえます。

低反発&高反発 究極マットレス 厚さ17cm 超低ホル

タンスのゲンの高反発マットレスの口コミ評判は?

タンスのゲンはネットショップでのみ販売しているため、実際に体感して購入を決めるということはできません。

そのため、タンスのゲンの高反発マットレスを使っている人の口コミを集めてきましたのでぜひ参考にしてみてください。

タンスのゲンの高反発マットレスの良い口コミ

タンスのゲンの高反発マットレスが良いという評判を聞いて、試しに購入してみました。

届いたものに寝てみると、まずお尻が沈み込むのですが、しばらくすると体が真っ直ぐになります。

そして、均等に重さが分散されているのがわかります。

おかげで起きた時に腰や肩が痛いといったことがありません。

それに驚いたのは、寝返りをするのがとても楽だという点です。

マットレスが背中を押してくれるような感じなので、自然に体を横にできました。

高反発マットレスというだけあって、しっかりと荷重に対して反発してくれているというのが良いところです。

おかげで寝返りを楽に出来るようになりました。

自分はあまり動けないタイプだったので、こうしたマットレスのサポートがあるととても助かります。

楽に動けて眠りやすいという点ではまず問題はありません。

姿勢を維持しながらも安定感もあって寝ていて安心して眠る事が出来るというのも良いところです。

特に機能的な面での不満はないといってもいいかもしれません。

長年使用していたマットレスがへたったので、安い価格帯で高反発タイプがないか探していました。

お値打ち価格だったことと、10センチという分厚さにひかれてタンスのゲンの高反発マットレスを購入。

実際に使用してみて寝起きの腰の痛みが気にならなくなり、疲れも取れやすくなったように感じます。

自分としては、10センチの厚さが気に入っています。

3つ折りタイプなので立て掛けられるし、持ち運びも簡単、収納にも便利です。

マットレスは高額な物だと数万円以上しますが、これは価格が大変安くその上品質はそれほど悪くないところが良いです。

種類も豊富に揃っていて安いものだと1万円以下の物もあるのでとにかく安いので良いという人にも向いています。

厚みは10cm程度で分厚すぎて困ることもありません。

価格も安いですが硬さやサイズなどもそれぞれ違っているため、商品の幅が広く自分の好みや予算などにあわせて買いやすいのが良いです。

価格が安いと駄目になっても直ぐに変えられるのも嬉しいです。

一番の魅力はやはり安くてそれなりに品質が良いことです。

種類も豊富に揃っていて自分に最適な物を安く買えるのは嬉しい限りです。

三つ折りになっているので畳むのが簡単で運びやすく、メンテナンスもしやすいのも便利です。

厚みも10cmあるので底付き感はそれほどなく反発力も強めで良い感じです。

この厚さがあって価格はとても安いのでとにかく価格が安い方が良い場合はおすすめです。

運びやすいので陰干しもしやすく年間を通じて使うことが出来ますし、寝心地も安価だから悪いわけでもなくそれなりに良いです。

タンスのゲンの高反発マットレスの悪い口コミ

梱包されている箱から出すと、圧縮されていたせいか、元に状態に戻すのに時間がかかります。

そのためすぐにタンスのゲンの高反発マットレスを使用したい人には向かないです。

できれば押し潰さずに箱に入れてくれれば良かったのにと思います。

加えて、箱から出した時に少し表面の匂いが気になりました。

それを解消するために、二、三度干してみると解消されたので、業者さんの方でその作業をやってくれていると購入者の手間が省けて助かります。

大きな不満はありませんが、通気性がどうなのかないという事を感じる事があります。

夏場の暑い時に寝苦しいと感じることがあります。

これはマットレスのせいなのかどうかは難しいところがありますが、通気性がもっと良ければと思うことが無いわけではありません。

冬場は寒いと思う事はありますがこれも冬だから当然といえば当然かもしれません。

全てをマットレスに求めても無理があるという気がしないではありませんから、ここまでは難しいという気がします。

購入してしばらく使っていたのですが、少々毛玉が気になるようになり、復元力も少しおとろえたように感じました。

耐久性の面としては深刻なレベルではないと思うのですが、神経質な人は気になってしまうかもしれません。

素材がウレタンなので仕方ないのですが、通気性の悪さも気になるのです。

値段で考えると自分としては満足できるレベルですが、劇的に腰痛を改善したいという人には適さないかもしれません。

臭いも若干、気になりました。

価格が安いので他の高級なマットレスと比べると、凄い品質が良いわけではないです。

寝てみると厚さの割には反発力はありますが、高級品にありがちな身体が包み込まれている感じや、支えられているという感覚などはないのでこれで腰痛を改善したいと思っている人には期待外れになるかもしれません。

柔らかさや寝心地などを考えると他の商品の方がやはり上な感じがしますし、実際それが目的なら買うのは避けた方が無難です。

安さに見合った商品といえます。

不満なところはやはりウレタンの通気性が悪いような気がします。

これだと使い方次第ではへたるのも早くなりますが価格が安いので仕方がないかもしれません。

反発力がありますが身体を支えてくれるような感じはなく、劇的に寝心地が変わるということはなかったです。

睡眠環境が直ぐに良くなったり腰痛などが軽減されるという期待はしない方が良いです。

普段から腰痛が気になってそれを改善したい人は、やはりそれなりに価格が高くて品質が良いものを選ぶ方がムダになりません。

口コミの収集はクラウドソーシングを利用して行っています。

タンスのゲンの高反発マットレスの販売店舗は?

タンスのゲンの高反発マットレスを欲しいという方の中には実際に店舗に訪れて体感してみたいという人も多いでしょう。

しかし、タンスのゲンの実店舗というのは存在しておらず、全てオンラインショップからの購入となっています。

大手ショッピングサイト(Amazon・楽天市場・Yahooショッピング)や公式サイト(https://www.tansu-gen.jp/)で販売していますので興味がある方は検索してみてください。

タンスのゲンの販売会社情報!

会社名 タンスのゲン株式会社
住所 福岡県大川市大字下林310-3
公式サイト https://www.tansu-gen.jp/

タンスのゲンの高反発マットレスの種類一覧と特徴!

タンスのゲンで販売されている高反発マットレスは今回ランキングやおすすめで紹介したものだけではなくいくつか種類があります。

最後にタンスのゲンではどのような後半末マットレスがあるのか、種類と特徴を簡単に説明していきましょう。

特徴
タンスのゲン 3つ折り高反発マットレス 極厚10cm
3つ折りタイプのおすすめ参照
タンスのゲン 高反発マットレス 極厚10cm
おすすめランキング参照
タンスのゲン 高反発マットレス 極厚17cm セミダブルタイプのおすすめ参照
タンスのゲン 3つ折り 男の高反発Z 極厚10cm
男の高反発Z 極厚10㎝を収納しやすいように3つ折りタイプにしたマットレス
タンスのゲン 男の高反発Z 極厚10cm
おすすめランキング参照
タンスのゲン 3つ折り 高反発マットレス 極厚17cm
3つ折り高反発マットレス極厚10㎝を更に厚さを増して17㎝にしたマットレス
タンスのゲン 4つ折り 高反発マットレス 極厚17cm
3つ折りのタイプよりも更に収納しやすく、かつ厚さも17㎝とボリュームをもたせた収納性・機能性が備わったマットレス
タンスのゲン 低反発&高反発 究極マットレス 厚さ17cm 超低ホル
おすすめランキング参照
タンスのゲン AIRBALANCE(エアーバランス)
東洋紡が開発したブレスエアーを芯材としたマットレスで、通気性が良く芯材も洗えるので清潔をキープしやすいのが特徴

高反発マットレスの中でもいろいろな種類がありますので、自分の中でどれが合っているのかを探すのも面白いかも知れません。

特に通気性が高い東洋紡が開発したブレスエアーを芯材にしているマットレスはタンスのゲンではAIRBALANCE(エアーバランス)しかありませんので、湿気が多く夏場のムレが気になるという方であれば、AIRBALANCE(エアーバランス)を検討してみてもいいでしょう。

枕男子

マットレスのメリット・デメリットを把握して適切なマットレスを選ぶ目を養っていくと良いよ!